野草散策・・・アケボノソウ

c0044166_1865988.jpg



今日は秋分の日、庭に出るとキンモクセイの香りが微かに漂って来るようになりました^^

いよいよ秋本番ですね~^^

土曜日に出掛けた奥三河は気温19℃、モミジも少し色づき始めていました(*^_^*)

短かった今年の夏、秋はゆっくりのんびり楽しめたらいいなって思います♪

たくさん撮り過ぎてなかなか画像整理が進みませんが、今日はアケボノソウとマツムシソウを^^
c0044166_1861030.jpg


アケボノソウ
  アケボノソウは北海道から九州、中国・ヒマラヤに分布するリンドウ科の2年草。
  湿原の周辺草地や山間の小川のほとりなどの湿った場所に生育します。
  1年目は根生葉だけのロゼットで生育し、2年目には地上茎を出して花を咲かせ、
  花びらは5深裂、裂片の先には緑色を帯びた2個の円状の密腺と黒紫色の斑点があります。
  名前は花びらの緑色の斑点と黒紫色の斑点を夜明けの空の月と星に見立てたため。




8月に出掛けた時は青紫でしたが、秋は淡い紫色でした^^
3枚目は8月14日に撮った画像です^^
園芸種のスカビオサは5月に撮っているのでそちらを♪

マツムシソウ
  「松虫草」の名は、花の終わったあとの
  坊主頭のような姿が、仏具の伏鉦(ふせがね:俗称「松虫鉦 (名前は虫の音に由来)」)に似ているところから。
  学名はScabiosa japonica(スカビオサ)、園芸種(セイヨウマツムシソウ)もスカビオサと呼ばれています。
  園芸種は青紫の他に赤紫や白も。
  
c0044166_1875623.jpg

c0044166_1884639.jpg

c0044166_1891125.jpg

[PR]
by mayu11405 | 2009-09-23 18:52 |  ■ 花ごよみ
<< 秘めた想い 野草散策・・・ウメバチソウ >>